自律神経の乱れは様々な疾病を引き起こすことはイメージできるでしょう。
悪い生活習慣を送っていたり、過度なストレスを感じる環境に身を置いているなら、その生活を長く続けては危険であることは、重々承知だと思います。

具体的に説明するなら、頭痛や下痢、動悸や眩暈などの不快な症状。

病院で検査をしてみても、何の異常も見つからないような謎の不調。

例えば、心臓などは意識しなくても勝手に動いています。
こういう類いの器官を司るのが自律神経です。
自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の二つに分類されていて、この二つが無意識のうちに上手に切り替わる事によって、私達は健康を維持しています。


問題は自動的な切り替わりであるために、自分の意志ではコントロールできないこと。
上手く行かずに狂ってしまうと、頭痛、肩こり、腰痛、関節痛、倦怠感、動悸、のぼせ、胃の不快感、手足の痺れ、頻尿など、ありとあらゆる症状が噴出します。

自律神経は健康を維持する為に、とても重要な役目を持っていると言う事なのです。

この自律神経を調子良く働かせるには、規則正しい生活を送る、ストレスを溜めないようにするなど、当たり前だけれどカンタンではない生活習慣の管理が必要です。

特に効果的なのは、ストレスを溜めず、うまく発散し、リラックスすること。
くよくよしない性格に改善していくことです。