日経新聞のランキングより『猛暑疲れに効果のあった対処法』を紹介します。
ランキング形式なので、昔からある対処法も多いのですが、残暑が続く中で、どうやって猛暑の疲れを取ればよいか、参考になる点もあるかと思います。


猛暑疲れの原因は
「体外流出による水分とミネラルの不足」や
「消化機能の低下による栄養不足」
だといわれます。
水分だけでなく、飲み物や食事などでミネラルやビタミンを補うことが重要なのは真夏と同じですね。


夏野菜はビタミンCやAが豊富なので夏バテに良いです。
残暑の時期からは秋の食材もうまく使っていくとさらに効果的でしょう。

1位《こまめに水分を摂る》

2位《三食をきちんと摂る》

3位《睡眠を十分にとる》

4位《昼寝をする》

5位《保冷剤や氷枕で首筋を冷やす》

6位《体を動かし、しっかり汗をかく》

7位《家の中でゆっくり過ごす》

8位《冷房の温度を高めに設定する》

9位《ぬるめのお風呂につかる》

10位《早寝早起きをする》

以下、野菜や果物をたくさん食べる・ニンニクをたくさん食べるなど。