マーガリンは善で、バターは悪。
そんなイメージの日本人はまだまだ多いと思います。

朝食のパンに塗るにもバターは動物性だから避けて、植物性のマーガリンにしなくっちゃ。
ヘルシーなイメージもありますから。

実は健康維持の為にはマーガリンもショートニングもけっこう危険な食べ物ということができます。
一体どのように危険かというと、
マーガリンやショートニングに含まれている脂肪、「トランス脂肪酸」と呼ばれるものの存在です。
たくさんのトランス脂肪酸を摂取すると、プロスタグランジンという、血圧など様々な体の機能を微調節する重要な物質であるホルモンが作られなくなってしまいます。

さらにはトランス脂肪酸を排泄するためには、大量のビタミンとミネラルが消費されるのです。もったいないのです。

しかも、私達の体内の細胞を傷つけ、ガンの原因にもなると言う研究結果まで報告されています!

日本国内ではまだまだマーガリンやショートニングの危険性が十分に認知されておらず、今でも当たり前のように、ほとんどの日本人が口にしていますね。

アメリカやカナダでは使用禁止の運動が起き、デンマークではすでに禁止、オランダでもトランス脂肪酸を含む油脂製品は販売禁止となっているのに・・・・。

日本人は危機管理が甘い国民性だからかもしれませんが、少なくともマーガリンをベタベタ塗るのが好きな方は控えるべきですよ!